VSTバスケットの評判が、すこぶる高い。忘備録としてWebsiteで見つけた情報を下記にまとめる。

<<参考#1 琥珀色のウタカタ VST Basketを購入>>

◆純正バスケットとの抽出比較

1.同メッシュ、同ドーシングでの抽出速度

まず大きな変化がこれ。VSTバスケットにすると抽出速度が上がります。よって同じドーシング量であればよりメッシュを細かくできます。また、抽出後半になるにつれて抽出速度が上がっているように見えます。

要は水抜けのいいバスケットだ、ということで、現状のMカーブタンパーとの相性も含めてドーシングを見直す必要があるかもしれません。

2.抽出後のパック

そして、これはまだまだ検証が必要なところ。チンバリ純正バスケットはパック表面が乾いた状態ですが、VSTバスケットは湿っています。おそらくシャワースクリーンとコーヒー表面のクリアランスが広くなっていることが一因でしょう。バスケット内部で膨らんでいるのでスクリーンに触れた跡はついています。

(引用終わり)

<<参考#2 琥珀色のウタカタ VST,その素晴らしきフィルタバスケット>>

1フレーバーの解像度がUP

最初の記事でも触れたのですが、VSTは純正に比べてかなりお湯の抜けが良い、底面を通過する流量が多くなるバスケットです。ですので同じドース量で同じ秒数を抽出するには、純正に比べてメッシュを細かくする必要があるのですが、メッシュを細かくすることでコーヒーの成分がより抽出されやすくなり、その結果、フレーバーがよく抽出されるようになりました。

フレーバーだけでなく、アシディティ、特筆すべきはマウスフィールが非常に良い状態で抽出されることが多くなりました。これは単にメッシュが細かい以外にも、違う部分が絡んでいると推測しています。次に述べます。

2.シャワースクリーンとのクリアランスが広がった

写真を見ていただくとわかりやすいのですが、どちらも同じだけの(19g)、同じメッシュのコーヒーをグラインドして、バスケットに詰めてタンピングした状態です。VSTの方が純正に比べてシャワースクリーンとのクリアランスが広くなるのがお分かりになると思います。

VSTDefault

↑左:VST18g 右:チンバリ純正

このクリアランスのぶんだけコーヒーはバスケットの中で膨らむことができるのですが、今のところVSTくらいのクリアランスがあったほうが、つまりある程度よく膨らんだほうが、コーヒーの持っている良さがじゅうぶん発達した抽出になりやすいと感じています。

もちろんこのクリアランスがある分だけもう少しコーヒーを詰めることもできるのですが、カップクオリティとの兼ね合いから、今のところコーヒーの量は20gを量ってホッパーに投入するようにしています。

カップクオリティがすべて!

コーヒーのカップクオリティは、上述のように劇的に良くなりました。

中でもマウスフィールを感じられるエスプレッソがかなり出しやすくなったのは個人的に非常に嬉しいです。Mカーブタンパーに変えた時もそうだったのですが、クレマの色が濃くなっているので、抽出効率が良くなっていることが推測されますね。

ただ、VSTに変えると(私の環境では)ちょっとエスプレッソ抽出の様子が変化しました。
おそらくバスケット内のお湯の流量が増えていることに起因していると思うのですが、抽出開始~中盤まではエスプレッソが細く抽出されるのですが後半に入ると太くなってきます。純正だとあまりそういうことは起きなかったので最初は戸惑ったのですが、おそらくお湯の抜けやすいVSTと、グループからの流量の多いチンバリのせいではないかと推測しています。よってドーシング量をチンバリ純正のバスケットよりも増やして対応しています。チンバリのお湯のあたり方、結構キツいので何とかならないものですかね…

そしてもうひとつ、抽出後のケーキの様子。よく膨らむことがおそらく原因なのでしょうが、いい抽出の状態であったとしても、ケーキの表面はかなりウェットであることが多いです。ケーキも柔らかめですね。これが何かしら問題になる可能性も無きにしもあらず、かと思うのですが、個人的には「カップ良ければ全て良し」を基本に、VSTバスケットと付き合っていこうと思っています。

VSTバスケットを使うことを闇雲に推奨しようとは思いませんが、エスプレッソのテイストで迷っていることがあったら、試す価値はあるのではないでしょうか。

(引用終わり)

<<参考#3—MXKo-Hi- エスプレッソをアップグレード>>

シルビアは17gしか詰められないので、もっと詰めたいという欲求もあり、以前から気になっていた、VSTフィルターバスケットを調査。
オフィシャルのサイトではランチリオにもOKよ。と書いてあるのです。
が、家のシルビアは家庭用マシン。
付くかどうか心配でしたが、思い切って購入。
DSC_0323
写真右が元々ついていたシルビアのフィルターバスケットなのですが、深さ、底の形状など全然違います。
特に穴はひとつひとつの大きさが小さく、数も多いです。
では実際に抽出してみましょう。
感想はメッチャシビア!
メッシュ(粒度)、詰めるコーヒーの量、タンピング、豆の種類。これらのファクターが一つでも変わると抽出が大胆に変わります。
僕が普段エスプレッソを飲むときはほぼ毎回豆を帰るので、抽出も当然バラバラ。
ですが、味はいいんですよ!!
前のフィルターでは失敗するとエグ味や渋みが出るのですが、VSTは失敗してもそこそこいけちゃう。しかもうまく行った時はフレーバーは豆のすべてを出し切った的な感じでウマーです。
この小さな部品でこんなに変わるとは驚きですが、皆さんにも是非試してほしいですね。
(引用終わり)

<<参考#5 This is the life - エスプレッソの科学>>

インテリジェンシアや欧米の多くのカフェ・バリスタさんが使用している VST社フィルターバスケットを入手来年6月に開催されるワールドバリスタチャンピオンシップの公式マシン・アウレリア2でも使用されるとのこと!フィルターバスケットもエスプレッソマシン会社によっても平均は異なったり、同じ会社内のバスケットでも穴の総面積、ひとつひとつの穴の大きさにもばらつきがあるらしいです。
このVSTバスケットは穴の大きさが均一で、バスケットの穴の総面積が揃っていて、尚且つ抽出時に効率の良い穴の総面積となっており、シモネリさんの検証によってもこのバスケットの穴の形状・総面積がベストらしく実に興味深い話です。
(引用終わり)
以上、これらの意見をまとめると、
  • メッシュの径と配置が均一
  • 水抜けが向上した(開口面積が増えた?)
  • 形状が深い
  • 抽出に最適な穴の総面積
  • 結果として、コーヒーの味が向上した
Home-Barista.comに更に観察・考察した記事があったので、後日紹介しようと思う。
広告